毎日をどう過ごすか

何も変わらない毎日だけど、少しずつ疲れは溜まります。
疲れると決まって睡魔と動きが鈍くなります。
そんな時はいつも頑張り過ぎてるので手抜きします。
頑張り過ぎたって褒めてもらえないので手抜きも必要です。
自分を褒めてくれる人ってなかなかいないけど、子育て経験のある人と話をすると自分の子育てが認められてるように感じます。
経験者の話は宝です。
その時期の接し方、注意など話を聞くと頷けることばかりです。
経験者が言うには、子育てはずっと続くから適度に力を抜いて楽しむといいよ!と話してくれました。
この言葉のおかげで気付きました。
子供が生まれる前と生活が変わったのだから、頑張ったって疲れるだけです。
なら子供と一緒に成長し、一緒に楽しめばいいと気付かされました。
子育てが苦になったら虐待してしまうかもしれません。
なら、もっと力を抜いて毎日を楽しめばいいし、子供の成長は早いから1日1日を大切にしようと決めました。
思うようにいかないのは当然です。
それをどう捉えて子供と接するかで子育ては変わると思います。
頑張ることは大切だけど、笑顔でいられるならどう過ごしたっていいやと考えれるようになりました。
ずっと笑顔でいてもらえるように、日々気楽に楽しくをモットーにこれからも過ごしていきたいです。

寝る前のグズリ

生まれたときから寝る前は必ずグズる我が子です。
母乳かおんぶ、抱っこじゃないと眠れません。
絵本を読んでも寝るまでには至らず、読み終わっても遊んでます。
最近はそれでも寝グズリは減りました。
オモチャで遊んだり、動き回ることに集中してるのかそのまま寝ちゃうことが増えました。
比較的早い時間にすんなり寝るようになり、やっと楽になってきたかなと思います。
私のように大変なお母さんって多いだろうけど、これもずっと続く訳じゃないと聞いたので完全に1人で寝れる日までは多めにみようと思ってます。
寝る前に遊ぶことの多い子供ですが、ずっと見てるのも疲れるので程々に見ててほっといてます。
ほっとくと気付いたら寝てる事があります。
見てないと危ないことはありますが、ほっとくのも有りだと思ってます。
1日一緒にいると夕方以降は疲れてしまうので、そういう時だけ楽をしてもいいかなと気付きました。
たまに旦那も寝グズリ防止に抱っこや携帯で気を紛らわせてくれるので、最近は少しずつ楽になってきました。
1人での子育ては本当に大変だけど、旦那も出来ることはやってくれるので有難い存在です。
今日もちょっぴりグズリますが、大目に見てあげようと思います。

スッピン美人の秘密が知りたかった!

スッピン美人の秘密をネットで見つけました。
スッピン美人の3大あるあるは、朝食を必ず食べる、朝、元気よく挨拶をする、朝に洗顔料で洗顔するとのことでした。
コラムには、以上の3つをぜひ、真似して、スッピン美人になりましょう!と書いてありました。
しかし、私は、待った!と言いたいです。
まず、私はスッピン美人ではありません。
しかし、朝食は食べますし、朝から元気良い挨拶します。
そして、朝、洗顔料で洗顔してます。
スッピン美人3大あるあるは、全然、スッピン美人の秘密ではないと思いました。
私は若い時に、ものすごく肌のきれいな女の子に、どうやったら、そんなにきれいな肌でいられるの?と興味深く聞いた事があります。
しかし、その子は、全く肌の手入れをしていませんでした。
洗顔なんて、やったことないという回答で驚きました。
生まれつきの素肌美人なんだなあと羨ましく思ったものです。
ちなみに、瘦せている女の子に、どうしたら、そんなに細くいられるのかと聞いたこともあります。
回答は「太るなんて、考えたことない」でした。
つまり、こちらも生まれつき、細い人ということでした。
努力で勝ち取る美や体型もあると思いますが、努力なしで生まれつき持っている人もいると思いました。
女優の安達祐美ちゃんもお肌の手入れはしていないと以前、言っていました。
全く羨ましい限りです!

フィージーのリゾートに行けそうです!

今年の暮れあたりに、フィージー旅行に行こうかと夫が言いました。
以前、我が家は、フィージーのプランテーションアイランドリゾートに年に1回訪れていました。
しかし、長男が高校生になってからは、勉強の問題があり、なかなか長期の旅行には行けない状況でした。
今年の終わり頃であれば、長男も大きなテストなど抱えていないということで、早速、リゾートの予約状況や、飛行機の空きがあるかなどを調べています。
我が家は、なるべく、お金をかけないがモットーなので、旅行エージョンとに予約を頼んだりはしません。
あまり知られていないのですが、海外のリゾートは、リゾートと直接交渉をすると、混んでいない日などは、部屋が50%も割引になったりすることもあります。
飛行機も自分でいろいろネットで調べたほうが安くなります。
ただ、この作業って、本当に疲れるんですよね。
大金持ちだったら、やっぱり、エージェントにお願いしたいところです。
そして、旅行には、姑と舅も誘う予定です。
姑と舅は本当に、優しいいい人達なので、一緒に旅行に行くのが楽しいです。
しかし、問題は、小姑です。
私達の旅行に一緒に行きたいということが多いからです。
小姑もよい人なのですが、ただ、よく夫婦喧嘩をするので、旅行中に嫌なムードになったら嫌だなあと思っています。
今回は、うちの家族と姑と舅というメンバーで、できれば行きたいです。

夫婦円満は感謝と思いやりが必要

今日、メールマガジンを読んでいたら、なるほどなあと思わせるコラムがありました。
そのコラムのメインは、妻が夫を嫌いになる原因について書かれてありました。
そのコラムの最初の方の、結婚していると誰もがある時期、夫を嫌いだと感じることがありますというような内容のところは、頷くことができませんでした。
なぜなら、私は結婚して、16年ですが、まだ一度も夫を嫌いだと思った事はないからです。
でも、夫が稼いで家にお金を入れるのが当たり前などと、夫に対して感謝のない妻であれば、夫もいろいろ豹変してくるとのことでした。
そういえば、知り合いの夫婦仲が悪い夫婦の奥さんは、いつも、「旦那が稼いで一家を支えるのは当たり前」と言っていることを思い出しました。
やっぱり、感謝の気持ちで相手に接することは大切だと思いました。
私自身は専業主婦なので、家事をして当たり前だと自分では思っていますが、夫が、私がした事に対して、「ありがとう」と言ってくれると、すごく、がんばる力になります。
もしも、夫が、「主婦だから当たり前だ!」とか、「主婦なのに、掃除が下手だ!」なんて言う人だったら、私も嫌な人になってしまったかもしれません。
夫婦仲を円満にしたいのであれば、やっぱり、思いやりと感謝の心が大切かもしれないと改めて思いました。

多くの2世タレントは才能があると思う

先日、芸能ニュースを見ていたら、芸能人の2世が話題となっていました。
確かに今、2世タレントはいっぱいいますよね。
やはり、親がテレビにでて活躍するような芸能人であれば、その子供も一般人とは違った才能を持って生まれてくるのかもしれないなあと思いました。
そういえば、スポーツ選手の子供もスポーツ選手になることが多いですよね。
DNAの力はすごいです。
聖子ちゃんの娘の沙也加ちゃんも、やっぱり、甘い歌声でしっかりとお母さんのDNAを受け継がれたなあと思います。
ところで、2世タレントでも、あまり評判の良くない人もいるということが記事になっていました。
その評判とは、実力がないのに、親の七光りで芸能界にいる人というようなものです。
2世タレントにとって、親の七光りって言葉ほど嫌な言葉はないだろうなあと想像します。
しかし、実力がないのに、親の七光りで芸能界にいるランキングというのがあって、その中に、すみれちゃんがはいっていたことには驚きました。
なぜなら、私はすみれちゃんは、実力があると思っているからです。
というか、寧ろ、親よりも、秀でていると感じています。
まずは、ルックスです。
日本人のDNAとは思えないほどの体型です。
そして、演技の勉強もしていたということですし、今度ハリウッド映画に重要な役で出ますよね。
すごい実力じゃないですか!

家族でドライブは楽しい!

今日は夫が休みだったので、家族でドライブに行く事にしました。
家族とは言っても、高校生の長男は、もう家族と一緒に外出したい歳ではないので、私達の誘いを断りました。
つまり、長男を抜かして、小学生の次男と長女を連れてドライブに向いました。
途中、おなかが減ったので、ファストフードのドライブスルーをして、ハンバーガーとドリンクとフレンチポテトをゲットしました。
見晴らしのいい場所で車を停めて、ハンバーガーを食べました。
腹ごしらえもしたので、早速、夫がドライブを続行しました。
夫の予定ではちょっと、田舎の高台にある牧場に訪れる予定でした。
しかし、グネグネと曲がった田舎道を車が行くと、長女が車酔いしてしまいました。
そうえいば、すっかり、娘の車酔いのくせを忘れていました。
遠出をする時は、車酔い止めの薬の飴をなめさせないといけないのでした。
娘がこれ以上、道が蛇行していたら、吐くかもしれないという感じだったので、牧場へのドライブは断念しました。
途中、違う道に入り、海岸に出ました。
海の風がなかなか気持ちよかったです。
海岸の岩場を登ったり、貝殻を集めたり、小さなカニを見つけたりと、楽しかったです。
予定は微妙に変わりましたが、楽しいドライブになりました。

昔の人は心が広かったのか?

最近電子書籍をよく読んでいます。
本当は、紙の本が大好きではあるのですが、電子書籍だと値段が安くなることが多く、ついつい、電子書籍を買ってしまう今日この頃です。
ところで、電子コミックは、無料のものが定期定期にでてきます。
無料の電子コミックを読んで、いい作品だなあと思ったら、その続きを購入するというなかなか消費者と出版社のどちらにもメリットがあるシステムになっています。
そして、先ほど、無料コミックの第一巻を読んでいたら、その内容の古めかしさにびっくりしてしまいました。
多分、昔の本も続々電子コミック化しているのだと思います。
ファッションや、髪型がどう見ても、自分が10代だった頃のものなのです。
それはそれで、懐かしくてよかったのですが、ストーリーはちょっとなあと思ってしまいました。
そのストーリーの中で、お付き合いしている彼氏の部屋で彼女が夕飯を作っていると、彼氏が、元カノを連れて帰って来るという内容がありました。
今の感覚だとそこで、大喧嘩になるのではないかと思うのですが、そうならないどころか、一緒に夕飯を食べます。
元カノが主人公の彼氏に未練がないのなら、わかるのですが、元カノは、主人公の彼氏が未だ好きだと公言しています。
それなのに、家に上げるなんて、信じられません。
でも、それを周りの人が、しょうがないと認めているところにもびっくりでした。
昔の人は心が広かったのでしょうか?

イタリア人マンマは最強主婦かも

イタリアのマンマはすごいなあと思いました。
イタリアの全家族ではないと思いますが、イタリアのお母さんは、ものすごく働き者で、家族に大変尽くすということを知りました。
イタリアの多くのお母さん、マンマは、家族の食事をコースで出すそうです。
例えば、パスタを出し、パンを出し、野菜を出し、メインの肉を出し、チーズを出し、デザートを出すという具合です。
マンマが一緒に食卓に座って、料理を取り分けて食べるということは滅多にないそうです。
家族にコース料理を出して、自分は、作っている途中に軽くつまむ程度なんだそうです。
そういえば、イタリア人のあるマンマは一日中キッチンにいたと言っていた人がいます。
心配しなくても、イタリアのマンマのおなかには、頻繁に食べ物は入っているのかもしれません。
そして、アイロンがけもすごいです。
ジーンズや下着などにもアイロンがけをするそうです。
私はアイロンがけが大嫌いなので、イタリア人女性に生まれなくて本当によかったと心から思ってしまいました。
そして、夫がイタリア人じゃなくてよかったとも思いました。
マンマと比べられたら、大負けです。
イタリア人男性は一人暮らしをすると、マンマが恋しくなるそうです。
イタリア人女性は、働き者になりそうですが、イタリア人男性は、家事がなにもできない人が多いのかもしれないなあと思いました。

ママ友に窪田君のデスノート視聴を勧める

デスノートの第四話を見ました。
今回のテレビドラマ版のデスノートの見所は、窪田正孝くん演じる、八神ライトがLとご対面するところです。
二人が対面してテニスをするシーンがよかったです。
更に、二人がシャワーをあびるところで、窪田君の鍛えている肉体と少年のようなお顔がアンバランスで、興味深かったです。
ところで、デスノートの映画バージョンの藤原竜也くんのかわいい童顔と相反する知能指数高めの完璧ライトもよかったのですが、窪田君の素朴で善良そうないかにも公務員志望というようなライトもなかなかいいです。
窪田君のライトは、藤原君のライトとは違い、すぐにでも警察に捕まってしまいそうな危うさがあります。
しかし、そこが、母性本能をくすぐるのです。
今までのデスノートは若い人中心に人気があったと思うのですが、窪田君がライトを演じることで、今回は、その他にも、中年女性をも虜にしているのではないかと思います。
デスノートはまだまだ、高視聴率とはいい難いそうですが、今後、中年女性の窪田君を応援する熱がママ友グループに口こみで伝わり、どんどん、視聴者が増えるのではないかと期待しています。
ちなみに、私の口コミで、ママ友の3人が新たに、デスノートファンになっています。
もちろん、窪田正孝ファンも増えつつあります。