月別アーカイブ: 2018年8月

これが多くなったと言うが

最近は無人レジが多くなっていますがこれはレジの支払いを効果的に進めようとしている。
買い物が少ない量だと無人レジが利用するので便利だと思っている。

もちろんですが支払いも素早くできるので便利だと思っていると言うが最近になって増えている。
改装工事や新装開店などではこうした支払いを機械にする事でレジの無駄を減らしている。

これは無人レジだけでなく支払いもこの様になっているので便利になったと言う。
お会計をするだけでいいので便利になった事で負担も減ったらしい。

でも、一部の所では支払いをしている所もあるのでこうした所も今でもあると言う。
こうしたレジが出来た事で支払いもしなくてもいいと思っているがここは機械がわかるようにしている。

ランプがついた所で支払うようにすると言うが支払う料金が間違う事もある。
こんな時には相手のレジを見て誤差を計算してから返金をした方がいい。

これでもわからない時にはサービスカウターで確かめていく事もいいかも知れないと言う。
トラブルも起きやすいのも無人レジの特徴だと思う。

万引きもあると言うがここはパトロールをしていてる人もいると言うがこうしたレジがあるとスリ抜く事もあると思う。
今後はこうした事が多くなると思うが要注意だと思う所もあるので金もあると言う事になる。

こうした無人レジは今後も増えそうだと思っているのです。

汗のにおいが苦手で何とかしてほしい

とにかく汗のにおいは苦手です。デトランスαを使ってほしいです。

スポーツジムに通っていますが、ジムの中には、とても汗臭い人がいます。スポーツジムで汗をかくのだから、当たり前、と思われるかもしれませんが、たしかに、運動をしたあと、汗臭いのは仕方ないですし、当たり前、お互い様です。でも、この、汗臭い人、というのは、運動をする前からなのです。着替えて運動のできる場所に来られた段階からすでに汗臭いわけです。

本人はもちろん汗臭いことには気づいていません。でも、あっ、あの人がきた、ということがわかるくらい、少し離れたところにいても気づくくらい臭うわけです。そのようなわけで、そのスポーツジムを利用する人たちのなかでは、とあるニックネームをつけていて、その人がきたら、お互いに、危険信号を出し合い、警戒するのです。その場所から逃げよう、ということで。でも、こんなことをしていたら、安心して運動に集中できないんです。

で、利用者の代表が、スタッフの人に、なんとかならないか、ということを話してみたのですが、危険行動をとる、とか、何らかのトラブルをおこす、とかといったことならば、規約違反になるので、注意できるけど、こういった場合には注意できない、というわけです。

それはもっとものことですけど、そういった建前ではなく、みんなが気持ちよく利用できるようにするのがスタッフの仕事。ほんとになんとかしてほしいです。

こういう策があると言うが

今年のドラフト候補の早実の清宮選手が注目されていますがこれは夏大会が終わってからとなる。
と言うのも今年の春で高校3年生となる事でこれからの進路がどうなるのか気になる所もある。

プロ入りだとこれは注目も的となって指名する球団が増えると事になると言う。
もちろん契約金や背番号の用意などこうした事でいろんな事が出る。

この様な事でも注目視がされようとしているが満足いかなかった時には大学進学だと思われている。
もちろん早実は大学が系列なので進学には支障はないと言う事になる。

しかし、どうしても二刀流となると難しい所もあると言うが実は早稲田大学にはこうした事も対応が出来る様になっている。
それが通信制大学もしていると言う。

これはフィギュアスケートの羽生結弦選手もやっている事でいろんなプロ選手もしていると言う。
もちろんですがプロ野球選手もしている人もいるのでこうしたチャンスはあると思っている。

特にネットで講義も受けられるので好きな時間帯にやるのが特徴となる。
一般の人でも受けられるので地方でもしている人もいるのでありがたい事だと思われている。

この様にして進路はあると言う事になるがやはり野球で稼ぎたいと思われているかも知れないのでプロに進む事になる。
これからどう選択するのは自分にあると思っているのです。

ピアノの発表会と先生のサヨナラ会を終えました

昨日はピアノと歌の発表会でした。
今回は、先生が引っ越しされるということで急きょ行われた発表会だったので、いつものように、発表会会場を押さえることができませんでした。

それで、お屋敷に住んでいるグランドピアノをお持ちの方のご自宅で発表会プラス先生のサヨナラ会を開催することになりました。
子供の部の発表会が昼から行われて、大人の部は午後5時からの開催でした。

私は家を4時20分に出れば間に合うと思っていたので、家を出る前に、持ち寄る食べ物を作ることもできるし、ピアノの練習も余裕でできると思っていたのですが、ピアノの練習に時間をかけすぎてしまいました。

というのも、今まで動いていた指が動かなくなったからなんです。
突然、速いタッチができなくなってしまったのです。

それで、予定を遅れて、4時40分ごろ家を出るはめになってしまいました。

大人の発表会の部は遅れて始まったので、なんとか間に合いましたが、連弾を失敗したらどうしようとドキドキしてしまいました。

ところが、自分の予想に反して、自信のあった歌が緊張のため声がよくでなくて、ピアノは全然間違えることなく、完璧に弾けました。

ピアノを間違えると連弾なので人に迷惑がかかるので、うまくいってよかったとほっとしました。
その後、飲んだり食べたり、おしゃべりして、先生との別れを惜しみ夜中の12時に帰宅しました。

スリムバーン 薬局