芥川賞は世間の話題とは関係なく選考されてるはず

ピースの又吉さんが、芥川賞を受賞したことで、芸能界からも、いろいろとコメントがささやかれていますね。

本を読んだ人は、皆、又吉さんの本を絶賛しているのですが、ほんのちょっと、ピースの又吉さんの芥川賞受賞について、どうなんだろう?というような、古舘伊知郎さんのコメントが問題視されているようです。

これは、古舘伊知郎さんが、又吉さんの本が芥川賞に向かないと言っているわけではないと思うのです。

もしかして、しっかりと、又吉さんの本を読んで、しかも、芥川賞の歴史に詳しくて、芥川賞の知識が凄くあって、又吉さんの受賞を「あれ?」って言葉で表現しているのであれば、それもありかなあと思います。

でも、又吉さんの本を読んでなくて、勝手な自分の芥川賞のイメージで「あれ?」って言っているのであれば、私も、失礼な発言だなあと思います。

でも、多分、そうではなくて、又吉さんの受賞のことではなくて、本屋さんで話題になっている本が芥川賞をもらっているというようなイメージが、「あれ?」なんだと思います。

確かに、又吉さんの本は、世間でも、本屋でも話題ですが、芥川賞を選考する作家の方達の心さえも動かしたのだと思うのです。
選考者は話題を考慮したのではなくて、本を読んで芥川賞にふさわしい本だから選んだのだと思います。

古舘伊知郎さんはちょっと、言葉足らずだったのかな?