老後のために3大ムダをやめる?

今日、なんとなくネットサーフィンをしていたら、老後貧困についての恐怖というような感じのコラムを読んでしまいました。
まだまだ、老後と自分は関係ないと思っていましたが、老後貧困にならないためには、老後の前にいろいろと心得て置かねばならないことがあるようです。

現在でもすでに、老後の貧困というのは当たり前のようにあるようです。
年金の受給額も人によっては、生活保護を受けたほうが金額が多い場合もあるそうです。

しかも、生活保護を受けると税金の免除があったり、公共交通機関なども無料で使えたりするので、少ない年金を受け取るより、生活保護を申請するお年よりも増えているそうです。

しかも、これは、特別に貧困層とかではなく、老後前は、普通の会社員であった人達も陥る貧困だというので、流石の私の恐怖を感じました。

できることなら、生活保護を受けずに、自分の人生を全うしたいです。
そのためには、どうしたらいいかというと、まずは、貯金だそうです。

でも、老後に3千万円の貯金があっても足りないということなので、それ以上蓄える必要がありそうです。
記事には3大ムダをやめようとありました。

ローンで家を買う、車を所有する、生命保険に加入するが3大ムダでした。
これらをやめると5千万円の貯蓄ができるそうなんです。

車を売ろうかなあと即座に考えてしまいました。