こういう策があると言うが

今年のドラフト候補の早実の清宮選手が注目されていますがこれは夏大会が終わってからとなる。
と言うのも今年の春で高校3年生となる事でこれからの進路がどうなるのか気になる所もある。

プロ入りだとこれは注目も的となって指名する球団が増えると事になると言う。
もちろん契約金や背番号の用意などこうした事でいろんな事が出る。

この様な事でも注目視がされようとしているが満足いかなかった時には大学進学だと思われている。
もちろん早実は大学が系列なので進学には支障はないと言う事になる。

しかし、どうしても二刀流となると難しい所もあると言うが実は早稲田大学にはこうした事も対応が出来る様になっている。
それが通信制大学もしていると言う。

これはフィギュアスケートの羽生結弦選手もやっている事でいろんなプロ選手もしていると言う。
もちろんですがプロ野球選手もしている人もいるのでこうしたチャンスはあると思っている。

特にネットで講義も受けられるので好きな時間帯にやるのが特徴となる。
一般の人でも受けられるので地方でもしている人もいるのでありがたい事だと思われている。

この様にして進路はあると言う事になるがやはり野球で稼ぎたいと思われているかも知れないのでプロに進む事になる。
これからどう選択するのは自分にあると思っているのです。